みどり出張整体  みどりブログ

℡080-8863-2105 さいたま市を中心に、埼玉県内、東京都内へ出張整体をしています!

箱庭療法 3

hako2.jpg
hako.jpg

2014、4、6
タイトル 「分断された気持ち」

何度か箱庭を作っているのですが、以前は名前を付けていませんでした。
自分の中から生み出したものを大切にするためにも、
名前を付けることは必要なのではないかと考えました。


まずは、川を作って区切りをつけはじめました。
そして次に橋を探して置いていきました。
まさに今の自分の心の中を表しています。
気持ちがバラバラなってしまっている、まとまっていない状態です。
そのことは自覚しています。
バラバラになってしまっている気持ちの一つ一つが、
自分の一部だということもわかっている。
だから、どうしても橋をかけたかった。
全部つながっているという意味を込めて。

他に置いたものは、強い衝動的なものは少なかったようにかんじます。
「キリン」は以前箱庭を作った時にも登場しています。
首を伸ばして、何かを手に入れたいという願望的なものともリンクしているといわれています。
「橋の上に立つキリン」
バラバラの気持ちの間で首を伸ばし、何かを手に入れようとしている。
バラバラの気持ちが一緒になったとき、
新たな気づきが手に入れられることを示唆しているようにも見えます。

こうして、改めて自分の作ったものを見つめなおすと、
いろいろ見えてくるものがあります。
スポンサーサイト

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenseitaiwataru.blog.fc2.com/tb.php/135-ed6b9d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad