みどり出張整体  みどりブログ

℡080-8863-2105 さいたま市を中心に、埼玉県内、東京都内へ出張整体をしています!

ちょっと身になる「骨」のお話 6

血液は骨で作られる

理科室にある骨格標本を思い浮かべてみてください。
白くてコチコチの骨から血液を作っているなんてイメージしにくいと思います。

心臓で血液って作られているんじゃないの?
なんて声も聞こえてきそうですが・・・
心臓はあくまでポンプの役割がメインです。
肺から送られてきた酸素の含まれた血液を送り出し、
体から戻ってきた二酸化炭素たっぷりの血液を肺にいれる。
生命維持にとても重要なはたらきをしているのは周知の事実。

血液中の成分、赤血球、リンパ球、血小板などの細胞は、
骨の中の骨髄、さらに骨髄の中にある幹細胞から作られます。

骨の中身は全部が全部、白い骨ではなくて、筒状になっている骨もあります。
その筒の中に骨髄が入っている。
上腕骨、大腿骨、胸骨、寛骨などがそうです。
そこにある幹細胞から、血液の成分が作られています。

病院や理科室などで宙づりにされている骨格標本からは、
想像もできないような、重要なはたらきをしている骨。

コツコツと休みなく働く、とっても働き者だったわけですね!


骨に負けないぐらいに、私も働きます!!
ご予約、連絡お待ちしています!
浦和、さいたま市、埼玉での出張整体
東京都内への出張整体も承ります
みどり出張整体
℡ 080-8863-2105
HP http://green-seitai.jimdo.com/
メール green.seitai.wataru@docomo.ne.jp
スポンサーサイト

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

ちょっと身になる「骨」のお話 5

骨はカルシウムのストック

前回は何だか話があらぬ方向へいってしまったもので・・・

ヒトに進化する遥か昔は、水の中で生活していた生き物。
その時すでに骨は体の中に存在していました。
ですが、今のヒトほどに骨の強度はなかったでしょう。
そんな強度は必要なかったはずです。
なぜかと言うと、
「体を支えるための骨」としての役割は低かったからです。

魚の骨と人の骨、どちらが硬いですか?
と言われれば、なんとなくわかりやすいかもしれません。
ですが、カルシウムのストックという役目はどちらも担っています。
ヒトの骨は、体を支える役目が大きくなってしまっています。

体内のカルシウムが不足すると「骨(骨質)を溶かせ」という命令が発せられて、
骨質を溶かし、血液中にカルシウムを放出することになります。
ですが、一度溶かした骨質の修復は多くの時間がかかります。
細胞の新陳代謝は活発ですが、骨の新陳代謝はゆるやかです。
そのことからも、想像できるでしょう。

骨本来の役割「カルシウムのストック」
それとは違った「体を支える事」を大きな役目として担ってしまったこと。
それによって、骨が折れる存在になってしまったのかもしれませんね。
あ、本当に折れては困りものですが・・・


ご予約、連絡お待ちしています!
浦和、さいたま市、埼玉での出張整体
都内出張整体も承ります
みどり出張整体
℡ 080-8863-2105
HP http://green-seitai.jimdo.com/
メール green.seitai.wataru@docomo.ne.jp

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

ちょっと身になる「骨」のお話 4

カルシウム

骨といえばカルシウム。
カルシウムは骨を構成している物質。
それぐらいは、もう誰でも知っていること。
ですが、
骨はカルシウムをストックする役割もある。
ということは知っていましたか?
正確には、カルシウムをストックするために骨ができた。
と、言ってもいいでしょう。

神経からの情報伝達に欠かせない物質の一つがカルシウムです。
筋肉の収縮にもカルシウムが深く関わっています。
心臓も筋肉です。
心臓を動かしているのにもカルシウムが関わっているわけですね。
なんとなくカルシウムの重要性が伝わってくるのではないでしょうか。

カルシウム濃度は体中(細胞内でも血液中でも)
一定を維持しなければなりません。
カルシウム不足によって起こる症状に「テタニー症状」があります。
手足のしびれ、拘縮が起こります。
症状がひどくなると、呼吸するのに関わる筋肉まで及ぶことがあります。

カルシウム、とても大事ですね。

ウルトラマンの必殺技といえば「スペシウム光線」です!
「カルシウム光線」ではありません!!

それでは、今日はこの辺で・・・

ご予約、連絡お待ちしています!
浦和、さいたま市、埼玉での出張整体
都内出張整体も承ります
みどり出張整体
℡ 080-8863-2105
HP http://green-seitai.jimdo.com/
メール green.seitai.wataru@docomo.ne.jp

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

ちょっと身になる「骨」のお話 3

軟骨
実は骨じゃないんです。

いやいや「骨」って書いてあるでしょ?
そんな声も聞こえてきそうなのですが・・・

骨が育つ前には、その骨の代役となります。
骨と骨の間のつなぎ役にもなります。
関節では、関節全体を包む役目も担います。

限りなく骨に密接に関わってる軟骨。
ですが、本当に骨ではないのです。

骨には血管も神経も通っているのですが、
軟骨にはそのどちらもありません。
じゃあ、栄養はどこから運んでくるの?
という疑問が持ち上がってきますが、
周りから血液がしみ込んでくることによって栄養を得ています。

なんだかのないヤツですね…

いやいやいや、
だから骨じゃないんだってば!


ご予約、連絡お待ちしています!
浦和、さいたま市、埼玉での出張整体
都内出張整体も承ります
みどり出張整体
℡ 080-8863-2105
HP http://green-seitai.jimdo.com/
メール green.seitai.wataru@docomo.ne.jp

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

ちょっと身になる「骨」のお話 2

骨の表面

人間の身体の中の骨。
骨に筋肉が直接くっついていると思っていませんか?
実は骨の表面には薄い膜がかかっています。

骨膜 と言います。
そのまんまですね・・・
繊維状の薄い膜で、神経が網目状に広がっています。

体の中には、筋肉が少なくてすぐに骨をさわることのできる部分があります。
わかりやすいところだと、
下腿の脛骨 です。
俗に言われる「弁慶の泣き所」ですね。
クッションの役割の筋肉がないので、衝撃が直に骨膜に届いてしまいます。
骨膜には神経が通っているので、衝撃が痛みに変わります!

弁慶さんもビックリ!!

「骨身に染みるわ~」っていうことですかね!


ご予約、連絡お待ちしています!
浦和、さいたま市、埼玉での出張整体
都内出張整体も承ります
みどり出張整体
℡ 080-8863-2105
HP http://green-seitai.jimdo.com/
メール green.seitai.wataru@docomo.ne.jp

テーマ:体と心と元気になること - ジャンル:心と身体

FC2Ad